弔辞を読むときのマナー

弔いのときのあいさつであるのは、お通夜と葬儀や告別式での弔辞あいさつ、法要や追悼会でのあいさつがあります。お弔いで行うあいさつは、もっともフォーマルなあいさつといえるので、どんな場合よりもあらたまった言動が必要とされる場となります。いずれの場合でも遺族の気持ちをいたわることが第一で、個性を出す必要はありません。決まり文句を上手に生かすことが最上のマナーといえます。弔辞に必要なことは、故人を弔うことと、遺族を慰めることに2つなので、遺族や参列者の気持ちに気を配り、ことばづかいも関係者に不快な思いをさせないような配慮が必要となります。また弔辞は述べた後、霊前にささげることになります。奉書か巻紙に毛筆でつづるのが一般的です。それで必ず前もって現行を作っておく必要があります。また個人的なエピソードや単なる思い出話にならないようになるべくわかりやすい内容にすることも弔辞を読むときのマナーといえます。